クラブを貸し切りたい理由はさまざまですが、その理由によって規模や場所、予算などが変わります。またクラブの雰囲気も用途別の探し方では大切です。レンタルスペースにもそのようなものもあるので、どのような雰囲気の場所を借りたいのかを明確にすることは大切です。例えば結婚式の二次会でクラブを借りたいという場合でも、音楽が好きな人たちがあつまるのであれば、その機材が置いてある、また音楽を演奏しても大丈夫である防音施設がある場所となりますし、お酒が飲みたい場合であれば、ある程度の種類が置いてある、もしくは持ち込める場所を探す必要があります。人数に合わせた広さも考える必要があります。雰囲気に関しては写真も掲載されていることが多いので、大体のイメージは付くと思いますが、もし可能であれば足を運んでみることがおすすめです。

クラブとして貸切をする時はお客様を思う

正しくクラブとして貸し切りがしたい場合は、やはり金額と設備は重要になります。そして結婚式の二次会のように知り合いが来るのではなくチケット購入をしてきてくれるお客様のために自分のパフォーマンスが上がる場所を探すことは大切なことです。弘法筆を選ばずとはいいますが、場所も含めてのパフォーマンスです。飲み物や食べ物なども用意してくれるクラブも多いので、一度客として参加してみるという方法もあります。また飲食物だけでなく、音響や照明のサポートは付けてもらえるのか、DJブースだけでなく、モニターなどはあるのか、楽器演奏をしたい時にどこまで設備を借りられるのか、また楽器演奏のスタッフはいるのかなど、自分がしたいことに対して、フォローがあるのかという点は当然確認をするべきです。最近は禁煙傾向が高いので、喫煙スペースは設けられているのかという点も気にしたいところです。

クラブの貸切は交通機関にも気にすることが大切

クラブを貸し切りするということは、人を多く集めるということですが、そこで最も大切な点の一つに交通機関があります。場所の雰囲気も大切ですが、交通機関から遠すぎると、お客さんの足も遠のきます。少なくとも100名近くが来る場合でも近くの駐車場が専用駐車場でなければ駐車料金はお客様負担となります。それでも来てくれる方はいますが、当然お酒の提供は控える方が無難です。お酒が無くても楽しめるが、雰囲気も込みで楽しみたいのであれば、やはりお酒の提供は欲しいところです。徒歩1分と言う環境である必要はないですが、徒歩20分と言われると、よほど行きたい場所でない限り、行く気にはならないと思います。結婚式の二次会であれば、やはりお酒はあると嬉しいので、交通機関は大切です。逆に主婦の方たちが昼間に子供を連れて集まりたい場所や、会社関係で飲みたいという場合は車やタクシーを使う方が便利な場合があります。